鋳鉄製インシュレーターの紹介

レコードプレーヤーの脚にTAOCのインシュレーター(鋳鉄製)を追加してみました。

スパイクとプレートがペアになったものです。

・メーカー:アイシン高丘
・スーパーインシュレーター TITE-35S[4対1組]

● φ50×H・29mm
● 重量:355g/1対
● スパイク部:ハイカーボン鋳鉄
● プレート部:アドバンスト ハイカーボン鋳鉄
● アーバングレー仕上げ

TITE-35S
IMG_2242 (320x240)

その効果は、
メーカー発表の通りで

●スパイクを下に置いた場合

音はより落ち着き、低域感が増し、安定感が増します。

●スパイクを上に置いた場合

音はより華やかに繊細になり、明るさが増します。

私は、スパイクを上に置く方を採用しました。


効果は、
気持ちのいい響きになり
もう手放せません

何年も使っていますが飽きが来ないので
多分、本物かな?

スポンサーサイト

MCトランスの消磁効果

MCトランスの消磁をやってみました。

昔のイコライザーAMPで
消磁SWの付いたのがありましたが

何故か最近はなくなってしまいました。

●消磁の効果は大きいですね。
・低音が寂しくなった
・ピアノがキンキンする
・消え入る音が復活します
・音の鮮度が落ちたな
・声の表情・雰囲気が出なくなった
・音像のエッジが丸くなった

これらの症状が出た時は

消磁をするとリフレッシュした音が聞こえます


『スッキリ、クッキリ、霧が晴れたようにクリアーになり
奥行き感、透明感がUPするので
音の表情が豊かになり気持ちのいい音になります。』

※段間トランス、出力トランスにも効果があります。


●やり方は、簡単

トランスの2次側、R・Lをワニ口クリップなどでショートさせたまま
レコードを5分位かけるだけです。

方法1.ワニ口クリップ
IMG_2161 (320x240)

方法2.ピンジャック座(ピンをショートしたもの)
IMG_2163 (320x240)


試聴は、インストより、
人の声の方が変化が分かりやすい。
松尾和子“カスバの女”を使用しました。(ゾクゾクします)

(装置)
MCトランス:AU-301(DENON)(DL-103使用)

私は、レコード10枚くらい聞いたら消磁をしています。



グリッドチョーク式 300Bシングル パワー アンプの製作

300Bシングル パワーアンプを更にバージョンアップしましたので紹介します。

IMG_2126 (320x185)

300Bアンプも
負帰還、トランスドライブ、パワードライブなど
色々試してみましたが
どれも満足のいかないものでした。

今回、製作の
「無帰還」で「グリッドチョーク」式のアンプに、
回路、コンデンサー等でチューニングを施して
どうやら楽しく音楽を聴けるアンプになったかなと思います。



[回路図]
20180120img018 (420x383)
※入力感度:0.4V/4.5W無歪(MAX10W以上)

使用部品(音決めのキーパーツ)

グリッドチョーク/GCH-60
IMG_2117 (320x302)

サウンドパーツ製、パーマロイコアーの逸品です。
シールドもしっかりして使いやすい。

ケミコン

従来は、日ケミ、ニチコン、UNICON、MIECが混在していた。
今回、日ケミ、ニチコンの汎用品(標準品)でまとめました。
この効果は大きい。

カップリングコンデンサ
無難なASCを選択

ファインメット チョークトランス

FMC-0618H 6H180MAノグチトランス
手持ちがあったので使いました。
通常の鉄コアーでもOK、お好みで

抵抗1W型は、東京光音RDカーボン (回路図無表示抵抗)
2W~は、金皮、酸金、セメント

回路
出力管のデカップリング回路
クロストーク改善のつもりで入れましたが、かなりの音質改善になることが分かりました。

ドライブ段のデカップリング回路は、
無いとモーターボーディングを起こすので入れてあります。

●試聴記

一音一音に、芯と厚みがある。
自然な声に聞こえる、色付けの無い音。

[試聴装置]

・SP:ALTEC 604-8G
・CDプレーヤー:DVDプレーヤー(改)
・レコードプレーヤー:トーレンスTD206(DL103)
・ラインアンプ:WE337A(T)トランス出力

(試聴CD・レコード:マイルス・デイヴィス、キャノンボール・アダレイ、ビル・エバンス、松尾和子)

ワンポイント録音ジャズライブCD紹介

ワンポイント録音のジャズライブCDを見つけました。

「クニ三上 Moon River Live at アートルーム新紀元」
Moon River CD (240x213)
2017/12/20リリース

ワンポイント録音は、

クラシックでは当たり前の録音方式ですが

ジャズでは希少な存在です。

会場の空気(雰囲気)がよく伝わってくる

ワンポイント録音らしさの感じられるCDです。

演奏曲はスタンダードが主ですが

私は、このアレンジが大好きで

特に、ムーン リバー、ベサメ ムーチョ、ジ イン クラウドがお気に入りです。

購入先:Amazon、ディスクユニオン等

HDDの音質

PC内臓のHDD(1TB)に音楽データーをため込んでいましたがなんだか低音が足りない、
一聴すると鮮明だが、これは低音不足からきていることが分かりました。

もっと低音の出るHDDは無いかと探したところありました。
「東芝DT01ACA100」SATA/1TB/3.5インチです。(@約5千円)
IMG_2077 (320x240)
低音豊かで快適です。

下記のHPを参考にさせて頂きました、
有難うございました。

WEB版ストレージ研究第3回
http://www.pc-audio-fan.com/special/storage-research-on-web/20131203_53566/

(使い方)
HDDのケースが必要ですが、安さで芸人志向「GW3.5AX2-SU3/Rev2.0」を購入しました。(@約5千円)
IMG_2075 (195x240)  IMG_2076 (176x240)
冷却は、FANもあるし
筐体が立派なアルミの押し出し材なのでよく冷えるようです。

使い方は、RAID1(ミラーリング)でいつも自動バックアップが取れるようにしました。

〈設定手順〉
➀ケース側でRAID1の設定をする。(USBケーブル接続、電源ON)
詳細は、取説参照

②HDDの初期化(フォーマット)を行う。・・・Windows10

“スタートアイコン”→ 右クリック
“ディスク管理”→ クリック

・新規購入のHDDは、不明、未割り当ての表示がでる。

・設定が全て終わると、正常(プライマリーパーティション)と表示される

「ディスク不明」の表示の上で→ 右クリック
“ディスクの初期化”→ 選択

・MBR/GPTの選択は、
2TBを超える時はGPTにする。今回は、2TBなのでMBRとしました。

これでWindowsから認識できるようにはなります。

次は、先ほどの画面で
ディスクの状態が「不明」から「ベーシック」になっているのを確認する。
   ↓
右クリックで「新しいボリューム」を選択
(右側の画面空白部にカーソルを持って行き右クリック)
   ↓
「ボリュームウイザード」が立ち上がる
   ↓
“パーティションのフォーマット画面”
クイックフォーマットのチェックは、はずししっかりフォーマットする。
(他の設定は初期値のままでOK)
   ↓
最後の“確認画面”で
「完了」ボタンを押すとフォーマットが始まります。
約2~3時間かかります。

これでセットアップ完了です。

試聴は、
PC+DS-DAC-100+ヘッドホンです。
ソフトは、コルグAudioGate使用。

※その後、
あるファイルだけドラッグ アンド ドロップが不可となりRAID1を中止
SINGLEに変更、問題は無くなりました。
原因は不明です。
プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: