スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランス結合300Bシングルパワーアンプ 改造

WE337A(T)ー6BQ5(T)段間トランスー300B

入力トランスー6AR5(T)段間トランスー300Bに改造しました。

今回の改造で、たどり着いた先は

真空管アンプの原点のようなシンプルな回路
になってしまい
私のアンプ作りも
いよいよ終着駅の感じがしてきました。



amp
[外観]


amp
[回路図]

amp
[方形波]10kHz出力波形

●今回の主な改造

①ドライバー管の変更
6BQ5(T)→6AR5(T)に変更しました。
6AQ5(T)も試してみましたが、6AR5が一番の好みでした。
この球は、秋葉で東芝製@3000位で手に入ります。
“6F6”や“42”が同族です。

6AR5特性:rp=2.6k μ=6.8 Ep=250V -20V/31mA

②入力トランスを追加(WE337A削除)
真空管を使うほどでもないので、WE337A(T)を
ゲイン4倍の入力トランスに取替えました。
トランスは、タムラTK-20を使用。
色付けが無く素直な落ち着いた音です。

このトランスは、取付金具が付属していますが、
(取付穴の加工が面倒)
今回は、うまい具合に使わなくなった、
ST管のソケット穴(φ30)がそのまま使えました。
(大きな丸穴なので自由な角度で固定できます、ちょっと見栄えは悪いですが)

amp
[取付の様子]

※TK-20の特性詳細は下記アドレスが参考になります。
http://www.geocities.jp/brabecaudio/amp/techinf4.htm


③入力、段間トランス共、オープンで使用
よく、周波数特性をより平坦化しようと
トランスの2次側に抵抗を並列に入れますが(私もそうでしたが)
平坦化するほど、出てくる音はつまらなくなります。
(確かに、きれいな方形波にはなりますが)
NFBを沢山かけた時と同じように、音が死んでしまいます。

2次側オープンの効果は、
音離れが更に良くなり、ピアノの高音のキャン、キャン音が気にならなくなりました。

(注)
●本アンプは、逆相出力となっていますので、SPは+-を逆に接続しました。

●ラインアンプの出力は、600Ωで終端しました。
当初、高域を延ばすためラインアンプの出力を1.5kで終端していましたが
ラインアンプ+メインアンプのf特を計ったところ20kHz近辺でわずかですが
高域上昇がみられたので600Ωに変更しました。
(ラインアンプの出力インピーダンスでトータルのf特が変わるので要注意です)


(その他)
一つ心残りは、固定バイアスに出来なかったことです。
もう二度と手に入らないであろうWE300Bのことを思うと
とても固定バイアスでの使用には踏み切れませんでした。
安全をとると、自己バイアスかな。


試聴機器
・レコード
①ビル・エバンス:Waltz for Debby 
②キャノンボール・アダレイ:Know what I mean?
③アート・ペッパー:Art Pepper Meets The Rhythm Section

・カートリッジ:DL103R(トランスAU301)
・ラインアンプ:WE337A(T)トランス出力(終端600Ω)
・SP:604-8G
スポンサーサイト

tag : 300B トランス結合 6AR5

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。