スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロボライトの作り方 (LED使用)

レコードプレーヤーの回転数調整の時に使う
ストロボライトを安く作りましたので
紹介します。

P1010615 (320x76)
           完成品

過っては、蛍光灯のちらつきを利用して
回転数チェックをしていましたが

最近は、蛍光灯器具がインバーター式になった為
ちらつきが無くなり使えなくなりました。

そこで、何とか容易にちらつくライトが出来ないものかと
近所のホームセンターに行くと有りました。


購入材料
P1010616 (320x107)

P1010618 (320x187)
(A)     (B)     (C)

(A)平型プラグ
(B)LEDソケット(口金17mm、リード線付)
(C)LED(口金17mm)

合計 約1,300円

※組立は、ドライバー一本です。

(LEDライトは、
直流点火でチラツキが無いとばかり思いこんでいましたが
交流点火も有りですね?)

(使い方)

P1010957 (240x184)

レコードを聞く時と同じ状態にします。

[1]ライトをテーブルタップなどに差し込み

ストロボスコープに光が当たるようにする。


[2]ストロボスコープ(円盤)をレコードの上に載せて

カートリッジを降ろします。

スタビライザーを使う人はこれも載せます。


[3]回転させながらストロボスコープが静止して見えるように回転調整します。


(補足)
ストロボスコープは、ネット上でいくつも紹介されていますので
これをプリントアウトして使えばよいでしょう。

関東の人は、50Hz用を使う。

◎検索キーワード=ストロボスコープ

見本
P1010955 (237x240)

スポンサーサイト

tag : ストロボスコープ ストロボライト

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。