スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LCR型イコライザーのリニューアル第2弾

P1020672 (320x240)

もう20年以上も使ってきたLCRイコライザーが、
聴いている最中に音が大きくなったり小さくなったり
定位がフラフラしたりと絶不調となったので調べたところ、

どうも、R/CHのLCR回路(タンゴEQ-600P)が不良だと分かりました。

一旦は、このユニットの中を覗いて不良部品だけ取り換えようと思いましたが
なんとケースの中は黒くて硬いゴム状のものが充填してあり解体不能でした。
仕方ないので、L・C・Rを別々に購入して、基板に組立、取り換えました。

試聴したところ、
今回組んだものと、20年以上経過したものでは
一言で言えば、“音の鮮度”が全く違いました。

もっと早く取り換えれば良かったかなと悔やまれます。
でも少しづつ劣化が進むと気がつかないので困ったものです。

全回路図
img002 (640x453)

   タンゴEQ-600P        今回手作り品
P1020649 (320x240)


LCR回路図等資料は、ノグチトランスのHPの橋本電気トランスの紹介から見ることが出来ます。

今回採用の定数は、橋本電気お勧めの②を採用しました。

F特は、オシロの目盛でチェックしただけですが大きなズレはなさそうです。

使用部品について

1.SHIZUKIフィルムコン4.9μ→ 4.7μが、実測値4.9μ有りましたので4.7を購入しました。
2.500Ω、600Ωは、フィリップス金皮1/2W 1%1kΩ又は1.2kΩをパラって作りました。
この定数は精度が大事です。
3.チョークトランス(1.9H、45mH)は、
ノグチトランス製
FEQL 1.9H
FEQH 45mH
又は、橋本トランス製
H-EQL ケース入り
どちらも使えます。

4.シールドケースは、ホームセンターでブリキ板を購入して自作しました。
P1020675 (320x241)

基板組み立てなので外来ノイズ対策としてシールドケースをかぶせましたが
インピーダンスが低いせいかあまり効果は感じられません。

(試聴)
ジャズは、キャノンボールアダレイ(as)、ビルエバンス(p)、
ボーカルは、藤圭子、松尾和子で行いました。

やわらかさの中にしっかりした芯のある音を聴くことが出来、満足です。
こんなことなら、はやく交換すれば良かった。。。。。。

スポンサーサイト

tag : LCR型イコライザー

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。