スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイパスコンデンサーの聴き比べ

バイパスコンデンサー(略称パスコン)の聴き比べ
P1020023 (240x98)

ラインAMPのパスコンに
10年ほど前からブラックゲートを使ってきましたが
ここらで気分を変えてみたくて
5種類の電解コンデンサーを聴き比べてみました。

パスコンでこんなに音が変わるなんて驚きました。

試聴環境が変われば当然評価も変わってきますので
一つの事例として参考にして下さい。


尚、今回は、安くていいものを探そうと
メーカーが汎用品(標準品)と称するものを聴き比べました。
私の好みは、癖の少ない、長時間聴いていられる音です。

やわらかくて、芯のある音を探しております。

私のパワーアンプには、パスコンが付いていないので
ラインアンプのパスコンを交換しながら
試聴しました。

[ラインアンプの回路図]
P1020024 (320x247)


(試聴感想)

➀日ケミ(SMG)100μ/35V
P1020019 (227x240)

透明感、音離れ大、解像度高い
奥行き感有り
素直


②日ケミ(KMG)100μ/16V
P1020018 (165x240)

tpの響きが硬い、bが軽く、押さえが欲しい      

③ニチコン(VX)100μ/16V
P1020017 (240x100)

やさしい音、透明感、音離れ大
tp、sax音に少し重さが不足


④ブラックゲート100μ/16V
P1020021 (187x240)

透明感がもう少し欲しい、音に厚み有、
tp厚み有、b音太いが少しぼける


⑤低インピーダンスタイプ680μ/16V(メーカー不明)
P1020020 (135x240)

あまり不満を感じさせない
しいて言えば、透明感、音離れがもう少し有れば
bの伸びが良い   680μのせいかな?


(結論)

➀を採用しました。
しばらく、楽しめそうです。

SMG型は、生産を終わっていて
入手は、難しくなっているようです。

私は、
秋葉の若松通商や秋月電子通商で入手しました。

(試聴環境)
・CD:サムシン・エルス/マイルス&キャノンボール(ブルーノート)
・CDプレーヤー:DENON DCD-1650AZ
・パワーアンプ:6GB8(T)シングル全段トランス結合  (固定バイアス・パスコンなし)
・スピーカー:16cmシングルコーン

おまけ、
パスコンは、一般には100μ位を使うようですが
470μも試してみました。
容量を大きくすると更に音抜けが良くなるが
少し軽い音になったのでこれは不採用としました。

スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。