図書紹介:「感性音響論」突破的オーディオ再生を求めて 

オーディオマニア歴、50数年目にして

私が、やっと見つけた目から鱗の本を紹介します。

IMG_1314 (224x320) IMG_1316 (221x320)
   
アナログオーディオ全盛の60年代から
デジタルの現代まで
オーディオは、迷える子羊を沢山生んで来ました。

この本は、あなたの悩みを解消する一助となると思います。

※こんな人に役に立つのかなあ~

・今のオーディオには満足できない、違和感がある人
・音ではなく、音楽を聴きたい人
・オーディオマニアを卒業したい人(オーディオマニア=変化を楽しむ人、終わりがない)
・昔のアナログが忘れられない人
・デジタルが肌に合わない人


オーディオにはうるさい輩が多いのに、よくもこんな本を書いたとその勇気に敬意を表します。
読みやすいので、3回も読んでしまいました。

〇出版社:静岡学術出版
〇著者:宮原 誠
〇定価:¥1800(税別)

(購入方法)
★HMラボ(hmlabgm@gmail.com)に、直接メ-ルすれば (免税事業者ゆえ消費税なしの¥1,940 (送料込)、請求書同封、希望者には著者サイン可)で送ってくれます。
AmazonからもOK。 ¥1,944 (送料無料、但し他商品と合わせて¥2,000以上購入の場合)。  

HMラボ HP:http://www1.cts.ne.jp/~hmlabc/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: