ジャズ関係図書の紹介(その9)

『ジャズ喫茶論ー戦後の日本文化を歩く』
IMG_1417 (221x320)
IMG_1420 (207x320)
著者:マイク・モラスキー
(ミネソタ大学教授にしてジャズピアニスト)

発行所:筑摩書房
定価:2600円

戦後の日本文化の一つとして
花咲いた”ジャズ喫茶”についての研究書

すっかり影の薄くなった
”ジャズ喫茶”の情報(現在と過去)を求めて
全国を行脚し
研究成果を「ジャズ喫茶論」としてまとめてあります。

新宿の”ジャズビレッジ”、有楽町の”ママ”等が走馬灯のように
頭をめぐり、
青春の一頁がよみがえってくる...

(キーワード)
モダンジャズ・フリージャズ・輸入盤レコード・DIG・DUG・フーテン・60年代・ヌーベルバーグ映画









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: