HDDの音質

PC内臓のHDD(1TB)に音楽データーをため込んでいましたがなんだか低音が足りない、
一聴すると鮮明だが、これは低音不足からきていることが分かりました。

もっと低音の出るHDDは無いかと探したところありました。
「東芝DT01ACA100」SATA/1TB/3.5インチです。(@約5千円)
IMG_2077 (320x240)
低音豊かで快適です。

下記のHPを参考にさせて頂きました、
有難うございました。

WEB版ストレージ研究第3回
http://www.pc-audio-fan.com/special/storage-research-on-web/20131203_53566/

(使い方)
HDDのケースが必要ですが、安さで芸人志向「GW3.5AX2-SU3/Rev2.0」を購入しました。(@約5千円)
IMG_2075 (195x240)  IMG_2076 (176x240)
冷却は、FANもあるし
筐体が立派なアルミの押し出し材なのでよく冷えるようです。

使い方は、RAID1(ミラーリング)でいつも自動バックアップが取れるようにしました。

〈設定手順〉
➀ケース側でRAID1の設定をする。(USBケーブル接続、電源ON)
詳細は、取説参照

②HDDの初期化(フォーマット)を行う。・・・Windows10

“スタートアイコン”→ 右クリック
“ディスク管理”→ クリック

・新規購入のHDDは、不明、未割り当ての表示がでる。

・設定が全て終わると、正常(プライマリーパーティション)と表示される

「ディスク不明」の表示の上で→ 右クリック
“ディスクの初期化”→ 選択

・MBR/GPTの選択は、
2TBを超える時はGPTにする。今回は、2TBなのでMBRとしました。

これでWindowsから認識できるようにはなります。

次は、先ほどの画面で
ディスクの状態が「不明」から「ベーシック」になっているのを確認する。
   ↓
右クリックで「新しいボリューム」を選択
(右側の画面空白部にカーソルを持って行き右クリック)
   ↓
「ボリュームウイザード」が立ち上がる
   ↓
“パーティションのフォーマット画面”
クイックフォーマットのチェックは、はずししっかりフォーマットする。
(他の設定は初期値のままでOK)
   ↓
最後の“確認画面”で
「完了」ボタンを押すとフォーマットが始まります。
約2~3時間かかります。

これでセットアップ完了です。

試聴は、
PC+DS-DAC-100+ヘッドホンです。
ソフトは、コルグAudioGate使用。

※その後、
あるファイルだけドラッグ アンド ドロップが不可となりRAID1を中止
SINGLEに変更、問題は無くなりました。
原因は不明です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: