JAZZ本の紹介(その3)


最近手にしたJAZZ関係の本で最後まで気持ちよく読めた本を紹介します。

少し古いものもありますが、図書館に行けばあるでしょう?


●『ポートレイト・イン・ジャズ
新潮文庫
jazz 

著者:和田誠・村上春樹
発行所:新潮社
発行日:2004年2月1日
定価:781円
・和田誠(ポートレイト)と村上春樹(エッセイ)がセッションしている。


●『ジャズ・ミュージシャン3つの願い
ニカ夫人の撮ったジャズ・ジャイアンツ達
jazz 

文・写真:パノニカ・ドゥ・コーニングズウォーター
訳:鈴木孝弥
発行所:㈱ブルース・インターアクションズ
発行日:2010年1月10日
定価:4200円

・ジャズ・シーンの重要な支援者であった、ニカ夫人が撮ったジャズ・ミュージシャン達のプライベートな、寛いだ表情の写真集。
バード、ブレイキー、バド、セロニアス他


●『これがジャズ史だ
長年信じられてきた定説をくつがえすジャズ史の真実は。。。
jazz 

著者:岩浪洋三
発行所:朔北社
発行日:2008年1月25日
定価:2400円


(番外編)
渡辺プロとその時代背景:
jazz 


①日劇ウエスタンカーニバル
②ザ・ピーナッツ
③クレージー・キャッツ
④3人娘
ザ・ヒットパレード、シャボン玉ホリデー
渡辺プロを長く続く会社にしたかった。
スポンサーサイト

tag : jazz図書

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: