バリー・ハリス コンサート

バリー・ハリス コンサート
ジャズ 


2011年1月13日
尚美学園大学の市民大学講座で
バリー・ハリス先生の演奏会があり行ってきました。

私が知っているバリー・ハリスは、
キャノンボールアダレイやデクスターゴードンなどと共演していた
ジャズ華やかなりし頃の、50~60年代のレコードで聴く演奏です。

ハンクジョーンズの例もあるので
このチャンスを逃して悔いが残ってはとの思いがありました。
(実は私も年なので)

バリー・ハリス先生は、今年82歳になられる高齢
しかし演奏は、昔とちっとも変わらない
太く、美しく、ための利いた
まさにバリー・ハリスの世界に引き込まれてしまいました。

私は、jazzを音で聴くほうなので
ついつい、ピアノの音を聴いてしまうのですが
ホールの響きと相まって、
横になりたいくらい気持ちのいい音が
ホールに充満していました。

ベース、ドラムスは、尚美学園大学の講師のみなさん
気心の知れた仲間なのかな
緊張感の中にも温かい雰囲気がよかった。

(独り言)
Liveに行くと
ベース奏者は、演奏中なぜか顔が暗く見える人が多い。
今回は、
ベース奏者の顔が明るく、楽しそうで
心が和みました。
これで会場の雰囲気もかなり変わりますよね。

私の大好きなピアニストの“三上クニ” さんが
バリー・ハリスに師事していたと聞き
なっとくです。

<プログラム>
日時:2011.1.13 19:00~21:15
演奏者:バリー・ハリス(p)、増原 巌(bs)、木村 由紀夫(ds)(司会岩浪洋三)
場所:ルーテル市ケ谷
主催:尚美学園大学(市民大学講座)
演奏曲目:ラウンド・ミッドナイト、ナシメント、グルービン・ハイ他
スポンサーサイト

tag : jazz ジャズ バリー・ハリス 三上クニ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: