1S2711とU07Nの比較試聴

ファーストリカバリーダイオード(FRD)の聴き比べを行いましたので
紹介します。

FRD試聴

       1S2711(東芝)  →     U07N(日立)
       1500V1.5A          1500V1A
       リカバリータイム20μs      リカバリータイム0.4μs

●使用機器:AMP300Bシングル(6BQ5(T)トランスドライブ)
        SP ALTEC604-8G

●音源:ビルエバンスWalts for Debby/LPレコード

整流管を変えると音が変わるとよく言われますが

音のいい整流管は、今や絶滅危惧種となっております。

私は、メインAMPにFRDを使っています。
理由は、
夏、少しでも発熱を抑えたくて、
またシャーシーがボンネットつきなので
背の高い真空管は頭がつかえてしまうなどの問題があり
仕方なく、FRDを使っています。

●FRD(両波整流)試聴結果(UO7Nに変えるとどうなるか)

一番はっきり変わったのは、
トップシンバルのシーンーンーーと消え入る余韻が
また、スネアのブラシが鮮明に聞こえるようになりました。

もっと早く取り替えるべきだった!

部品代は安い(@数百円)ので手軽に遊べるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

tag : ファーストリカバリーダイオード聴き比べ FRD整流器試聴

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブレイキー

Author:ブレイキー

オーディオにとりつかれて数十年、飽きもせず真空管アンプを作り続けています。歳とともに趣味も増えて、ハマちゃんになったり、JAZZの生録会に参加したりと楽しんでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: